IPv6 環境で ufw を使ってみた

我が家の回線は KDDI の au ひかりなんですが、
auひかりといえばネイティブな IPv6 環境を提供してくれるナウい回線なわけで、いろいろ遊べるんですね。
それで、今日は我が家で運用しているサーバに載っているWordpress に対してロシアからアタックを食らっていたので、
そろそろファイウォールの導入でもしようかと考え、思い立ったら吉日でさっそく ufw を使ってみました。

ufw についての詳細は割愛しますが、Ubuntu に採用されている簡易的なファイアウォールで、
ベースは iptables なのですが、簡単に使えるようにした wrapper 的なプログラムといったところです。

以下のオプションで簡単に設定ができてしまいます。
ゆとり世代の私には大変ありがたい。

wktk# ufw –help

Usage: ufw COMMAND

Commands:
enable                          enables the firewall
disable                         disables the firewall
default ARG                     set default policy
logging LEVEL                   set logging to LEVEL
allow ARGS                      add allow rule
deny ARGS                       add deny rule
reject ARGS                     add reject rule
limit ARGS                      add limit rule
delete RULE|NUM                 delete RULE
insert NUM RULE                 insert RULE at NUM
reset                           reset firewall
status                          show firewall status
status numbered                 show firewall status as numbered list of RULES
status verbose                  show verbose firewall status
show ARG                        show firewall report
version                         display version information

Application profile commands:
app list                        list application profiles
app info PROFILE                show information on PROFILE
app update PROFILE              update PROFILE
app default ARG                 set default application policy

たとえば、192.167.79.29というロシアのIPからの接続をすべて拒否したいときは

wktk# ufw deny from 192.167.79.29

といった感じでルールを追加できます。
ここについても詳しく述べられているサイトがほかにありますので割愛します。

wktk# ufw status
Status: active

To                         Action      From
—                         ——      —-
Anywhere                   ALLOW       Anywhere
Anywhere                   DENY        192.167.79.29

で、ここからが本題です。

この ufw ですが、ルールを入れた後に enable したら、自宅ネットワーク内からサーバへの疎通が一切取れなくなってしまいました。
なぜかグーグル先生に聞いてみたところ、どうやら答えは /etc/default/ufw というファイルにあるようでした。

wktk# vi /etc/default/ufw

# /etc/default/ufw
#

# Set to yes to apply rules to support IPv6 (no means only IPv6 on loopback
# accepted). You will need to ‘disable’ and then ‘enable’ the firewall for
# the changes to take affect.
IPV6=no

ん?OS入れるとき v6 有効にしたままなのに、IPV6=no って・・・

IPV6=no を yes にしてあげたら無事に自宅内のLANからでも v6 でつなげるようになりましたとさ。

前置きが長かったですが、ご了承ください。

 

参考資料

Ubuntu Forums [ubuntu] ufw and ipv6  :http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1214543