NSD4 beta4 vs BIND9.8.1 ~NSDの逆襲~

前回の POST で BIND からの NSD4 の移行について書いたのだが、
その際にテスト程度に走らせたベンチマークについて物議を呼んだので
(NSDがBINDなんかに負けるはずが無い!とか config煮詰めろとか)
NSD4 側の config をいじりながら再度ベンチマークを取ってみた。

そうしたところ、とても興味深い結果が得られたので記しておく。

 

0. 検証環境

CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0 @ 2.60GHz stepping 07 × 2

Memory : DDR3 1333 NonReg ECC 16GB

HDD : 146GB 15000rpm SAS RAID 1

OS : Ubuntu 12.04.2

DNS : NSD4 beta4 / BIND9.8.1 -P1(Ubuntu Packege)

 

1. ベンチマーク方法

ベンチの方法は前回と同様に 32110行のクエリを dnsperf に食わせて行う。
クエリを飛ばす側のマシンも上記とほぼ同様のスペックで用意した。

コマンドは下記のとおり。

 # dnsperf -c 16 -s 10.200.4.230 -d querylist -l 300

※10.200.4.230 は被験体

  • nsd.conf の server-count を変更しながらベンチマーク
  • 16クライアント(並列)で300秒クエリを飛ばす

server-count はリクエストを受け付ける nsd の子プロセスの数なので、
多ければ多いほどクエリを捌けるはず(素人考え)

config は下記のとおり Rate limit は Off にしておく。

server:
server-count: 4
username: nsd
zonesdir: “/etc/nsd4/zones”
zonelistfile: “/var/cache/nsd4/zone.list”
database: “/var/cache/nsd4/zone.db”
logfile: “/var/log/nsd4.log”
pidfile: “/var/run/nsd4/nsd4.pid”
xfrdfile: “/var/cache/nsd4/xfrd.state”
rrl-ratelimit: 0
remote-control:
control-enable: yes
control-interface: 127.0.0.1
control-port: 8952
server-key-file: “/etc/nsd4/nsd_server.key”
server-cert-file: “/etc/nsd4/nsd_server.pem”
control-key-file: “/etc/nsd4/nsd_control.key”
control-cert-file: “/etc/nsd4/nsd_control.pem”

 

2. ベンチマーク結果

 

表1 BIND と NSD4 の qps 比較

 Server (server-count) qps
BIND9.8.1 -P1 362923.554683
NSD4 b4 (1) 237789.686302
NSD4 b4 (2) 287640.556382
NSD4 b4 (4) 409956.827579
NSD4 b4 (6) 178863.252545
NSD4 b4 (8) 129717.122177
NSD4 b4 (16) 70822.115927

 

nsd4_svcount
図1 NSD4 beta4 server-count と qps

nsd_bind_comp

図2 ベンチマーク中のロードアベレージの推移 (NSD4 beta4/BIND9.8.1-P1)

3. 考察

今回の実験では NSD4の server-count を 4 にした場合は最もパフォーマンスがよく、
サーバへの負荷(ロードアベレージ)も低目の値を推移している。
これはゾーンをバイナリ化してメモリに保持している効果と思われる。

また、当初想定していた結果とは異なり、server-count の値と qps は比例しないという結果が出たのが興味深い。
ハードウェア(CPU) 依存の可能性もあるので、AMD製のCPUなどでも試してみようかと思う。

BIND に関しては qps  で言うと NSD4 に匹敵する値をたたき出しているが、ロードアベレージが高めを推移している。
コスト的にはあまりお得な感じはしないと言えるだろう。

ざっとベンチマークを取り直してみて NSD4 が速いことを証明できたので、
今回の目的は達成できたかな。

 

4. 参考文献

Unbound/NSD最新情報(OSC 2013 Tokyo/Spring) http://www.slideshare.net/ttkzw/unboundnsdosc-2013-tokyospring-16708977

NLnetLabs : DNS Response Rate Limiting as implemented in NSD. http://www.nlnetlabs.nl/blog/tag/nsd4/

“NSD4 beta4 vs BIND9.8.1 ~NSDの逆襲~” への2件の返信

  1.  NSDで4プロセス超えると性能が落ちる理由はわからないですね。やはりスケーラビリティに何か問題があるのでしょうか。私は貧乏なのでXeon E3-1220 のベンチしか無くて、その時はNSD3で500kqpsくらいは出てました。
     ちなみに700~800kqpsくらいでGbE埋めてくるので、それを超えてくるとネットワークの増強必要だったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です