Ubuntu Linux 18.04 で BEAM をマイニングするメモ #例のグラボ

例のグラボと廃品回収してきたワークステーションでBEAMをマイニングしたときのコマンドメモ

ビルドされたバイナリを実行するのが一番お手軽

自分の実行環境は Ubuntu 18.04

$ wget https://builds.beam.mw/mainnet/2019.01.17/Release/linux/opencl-miner-1.0.65.tar.gz

$ tar xf opencl-miner-1.0.65.tar.gz

$ ./beam-opencl-miner --server beam-us.leafpool.com:3333 --key 22c2d1XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX7a538fb.rig1/[email protected] 2> ./beam.log 1> ./beam.log

プールは Spark Pool か leafpool あたりが良さそう

https://www.sparkpool.com/

https://www.leafpool.com/

Ubuntu Linux 18.04 で #例のグラボ を使う

例のグラボでマイニングするための下準備、
ドライバとOpenCLの環境を構築

ドライバのバイナリのURLを探す
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-radpro-lin-mining-beta

以下、ビルド番号17.40-483984の手順、随時置き換えて対応してください。

$ sudo dpkg --add-architecture i386

$ wget --referer='https://www2.ati.com' <a href="https://www2.ati.com/drivers/linux/beta/ubuntu/amdgpu-pro-17.40-483984.tar.xz" target="_blank" rel="nofollow noopener">https://www2.ati.com/drivers/linux/beta/ubuntu/amdgpu-pro-17.40-483984.tar.xz</a>

$ tar xf amdgpu-pro-ctar.xz

$ cd amdgpu-pro-17.40-483984/

$ ./amdgpu-pro-install -y

$ sudo usermod -a -G video $LOGNAME

$ sudo apt install ocl-icd-opencl-dev

Ubuntu Linux 18.04 で grin をマイニングするメモ #例のグラボ

<br />$ sudo apt install git libncurses5-dev libncursesw5-dev libssl-dev cmake zlib1g-dev gcc clang<br />$ export OPENSSL_LIB_DIR=/usr/lib/x86_64-linux-gnu/<br />$ export OPENSSL_INCLUDE_DIR=/usr/include/openssl/</p>
<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:paragraph -->
<p>$ git clone <a href="https://github.com/mimblewimble/grin-miner.git" target="_blank" rel="noreferrer noopener">https://github.com/mimblewimble/grin-miner.git</a></p>
<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:paragraph -->
<p>$ cd grin-miner</p>
<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:paragraph -->
<p>$ git submodule update --init</p>
<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:paragraph -->
<p>$ cargo build --features opencl</p>
<p>

【メモ】暗号化されたLVMボリュームにfsck

USBメモリに入れたUbuntu(LiveOS)で起動

暗号化されたボリュームを復号化する

$ sudo cryptsetup luksOpen /dev/nvme0n1p3 ubuntu
Enter passphrase for /dev/nvme0n1p3: password

$ ls /dev/mapper/ubuntu
/dev/mapper/ubuntu

LVMボリュームとして認識された

$ sudo lvscan
ACTIVE ‘/dev/ubuntu-vg/root’ [236.25 GiB] inherit
ACTIVE ‘/dev/ubuntu-vg/swap_1’ [976.00 MiB] inherit

fsckをかける

$ sudo fsck -f /dev/ubuntu-vg/root
fsck from util-linux 2.32
e2fsck 1.44.4 (18-Aug-2018)
Pass 1: Checking iノードs, blocks, and sizes
Pass 2: Checking ディレクトリ structure
Pass 3: Checking ディレクトリ connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking グループ summary information
/dev/mapper/ubuntu–vg-root: 263415/15491072 files (1.2% non-contiguous), 5875518/61932544 blocks


Ubuntu [email protected] A285 で Wi-Fi が使えない問題

どうやらカーネルのバージョンが上がった際に使えなくなってしまったらしい
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1806472

回避策:とりあえず古いカーネルを使う

[email protected]:~$ sudo grep “menuentry.*generic'” /boot/grub/grub.cfg
menuentry ‘Ubuntu, with Linux 4.18.0-13-generic’ –class ubuntu –class gnu-linux –class gnu –class os $menuentry_id_option ‘gnulinux-4.18.0-13-generic-advanced-186f8722-6db8-4539-8f94-2af95b2bad7e’ {
menuentry ‘Ubuntu, with Linux 4.18.0-11-generic’ –class ubuntu –class gnu-linux –class gnu –class os $menuentry_id_option ‘gnulinux-4.18.0-11-generic-advanced-186f8722-6db8-4539-8f94-2af95b2bad7e’ {
menuentry ‘Ubuntu, with Linux 4.18.0-10-generic’ –class ubuntu –class gnu-linux –class gnu –class os $menuentry_id_option ‘gnulinux-4.18.0-10-generic-advanced-186f8722-6db8-4539-8f94-2af95b2bad7e’ {

GRUB_DEFAULT で起動する古いカーネルを指定する

[email protected]:~$ sudo vi /etc/default/grub

GRUB_DEFAULT=”Advanced options for Ubuntu>Ubuntu, with Linux 4.18.0-10-generic”

grub.cfg を生成する

[email protected]:~$ sudo update-grub

シャットダウンして起動する

Ubuntu 18.04 で ClamAV オンアクセススキャンを使ってみる

言わずとしれたオープンソースのアンチウィルスソフト
基本的にはリアルタイムに検知する機構はこねくり回さないと使えないみたいなのでメモを残しておきます。

まずはパッケージを入れる

$ sudo apt install clamav clamav-daemon

root ユーザで動くように clamd.conf を書き換える。

$ sudo sed -i -e 's/User clamav/User root/' -e 's/LocalSocketGroup clamav/LocalSocketGroup root/' -e 's/ScanOnAccess false/ScanOnAccess true/' /etc/clamav/clamd.conf

freshclam.conf で見ているデータベースが存在しないようなので動いているものに書き換える。

$ sudo sed -i 's/db.local.clamav.net/db.us.big.clamav.net/g' /etc/clamav/freshclam.conf

例のごとく apparmor に停められるのでユーティリティをいれて許可してあげる

$ sudo apt install apparmor-utils

$ sudo aa-complain clamd

自動起動を有効にしてサービスを起動する

$ sudo systemctl enable clamav-daemon

$ sudo systemctl start clamav-daemon

検知テスト用の eicar.com などを cat するなどすると /var/log/clamav/clamav.log に検知したログが残る。
デフォルトの挙動では検知しても隔離してくれないみたいなのでオプションを調べようとおもったけど
SOPHOS Anti-Virus の方が楽ちんな気がしてきました。

参考情報

【メモ】 Ubuntu 16.04 に nheqminer をインストールして zcash を掘る #仮想通貨 #GPU

前回の CUDA インストールに続き nheqminer のインストールして zcash を掘ります。
基本的に公式ドキュメントの手順でうまく行きますが細かいところがコピペでは完結しなかった気がします。

$ git clone https://github.com/nicehash/nheqminer.git

$ export CUDA_CUDART_LIBRARY="/usr/local/cuda/lib64/libcudart.so"

$ cd nheqminer/cpu_xenoncat/asm_linux 

$ chmod 774 ./fasm

$ sh assemble.sh

$ cd ../../../

$ mkdir build && cd build

$ cmake -DCUDA_CUDART_LIBRARY=CUDA_CUDART_LIBRARY ../nheqminer/

$ make -j $(nproc)

ここまでエラー無く完走すればビルドは完了。
後は自分の環境にあわせてオプションを与えて実行してあげればよい。

$ ./nheqminer -h

        ==================== www.nicehash.com ====================
                Equihash CPU&GPU Miner for NiceHash v0.5c
        Thanks to Zcash developers for providing base of the code.
            Special thanks to tromp, xenoncat and djeZo for providing 
              optimized CPU and CUDA equihash solvers.
        ==================== www.nicehash.com ====================

Parameters: 
        -h              Print this help and quit
        -l [location]   Stratum server:port
        -u [username]   Username (bitcoinaddress)
        -a [port]       Local API port (default: 0 = do not bind)
        -d [level]      Debug print level (0 = print all, 5 = fatal only, default: 2)
        -b [hashes]     Run in benchmark mode (default: 200 iterations)

CPU settings
        -t [num_thrds]  Number of CPU threads
        -e [ext]        Force CPU ext (0 = SSE2, 1 = AVX, 2 = AVX2)

NVIDIA CUDA settings
        -ci             CUDA info
        -cv [ver]       Set CUDA solver (0 = djeZo, 1 = tromp)
        -cd [devices]   Enable CUDA mining on spec. devices
        -cb [blocks]    Number of blocks
        -ct [tpb]       Number of threads per block
Example: -cd 0 2 -cb 12 16 -ct 64 128

自分の場合は bitcoin でも有名な slushpool でプールマイニングをしているので

    -l でプールを指定
    -u でプールの ID と worker 名
    -t で CPU のスレッド数
    -cd でビデオカード(NVIDIA)の 0 番 ※ -od

を指定して実行した。

$ ./nheqminer -l zec.slushpool.com:4444 -u [USERID].worker1 -t 4 -cd 0

        ==================== www.nicehash.com ====================
                Equihash CPU&GPU Miner for NiceHash v0.5c
        Thanks to Zcash developers for providing base of the code.
            Special thanks to tromp, xenoncat and djeZo for providing 
              optimized CPU and CUDA equihash solvers.
        ==================== www.nicehash.com ====================

Setting log level to 2
[16:13:02][0x00007f11dc23f740] Using SSE2: YES
[16:13:02][0x00007f11dc23f740] Using AVX: YES
[16:13:02][0x00007f11dc23f740] Using AVX2: NO
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Starting miner
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Connecting to stratum server zec.slushpool.com:4444
[16:13:03][0x00007f11d116b700] miner#4 | Starting thread #4 (CUDA-DJEZO) GeForce GTX 1060 3GB (#0) M=1
[16:13:03][0x00007f11d296e700] miner#1 | Starting thread #1 (CPU-XENONCAT-AVX) 
[16:13:03][0x00007f11d316f700] miner#0 | Starting thread #0 (CPU-XENONCAT-AVX) 
[16:13:03][0x00007f11d196c700] miner#3 | Starting thread #3 (CPU-XENONCAT-AVX) 
[16:13:03][0x00007f11d216d700] miner#2 | Starting thread #2 (CPU-XENONCAT-AVX) 
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Connected!
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Subscribed to stratum server
[16:13:03][0x00007f11d3970700] miner | Extranonce is ******
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Target set to ******
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Received new job #******
[16:13:03][0x00007f11d3970700] stratum | Authorized worker *******.worker1
[16:13:13][0x00007f11dc23f740] Speed [15 sec]: 115.362 I/s, 215.719 Sols/s

【メモ】 Ubuntu 16.04 に CUDA をインストール #仮想通貨 #GPU

ここ数年、仮想通貨のことしか考えていないのでそのあたりのことをメモして行こうかと思います。

とりあえず、手始めに GPU ぶん回すための環境構築に CUDA をインストールしたのでメモしておきます。

$ wget https://developer.nvidia.com/compute/cuda/8.0/Prod2/local_installers/cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64-deb

$ sudo dpkg -i cuda-repo-ubuntu1604-8-0-local-ga2_8.0.61-1_amd64.deb

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install cuda

土曜でもやっている麹町界隈のランチまとめ #シェル芸 #usptomo

某社の勉強会用に土曜でもやっている麹町界隈のおすすめランチの店をまとめてみました。

[カレー] 日乃屋カレー半蔵門

距離 徒歩5分ぐらい

予算 700〜1000円ぐらい

神田の人気店と自称するお店が半蔵門駅前に殴り込んできました。
甘辛くて比較的安くて良いかなとおもいますが店が激狭です。

http://www.hinoya.info/hanzoumon.html

東京都千代田区麹町2-2-30 久保轟ビル1階

東京都千代田区麹町2-2-30 久保轟ビル1階

 

[ネパール系カレー] スパイスHUB

距離 徒歩1分ぐらい

予算 1000円ぐらい

インドカレーっぽいけどネパール人の方が経営しているカレー屋さんで、
990円のセットを頼むとドリンク、サラダがついてさらにナン食べ放題。

美味しくてコスパも良いです。

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13170558/dtlmap/

東京都千代田区麹町3-4-7 ビルディング啓 B2F

東京都千代田区麹町3-4-7 ビルディング啓 B2F

 

[ラーメン] ジョニーヌードル

距離 徒歩10分ぐらい

予算 700〜1000円ぐらい

醤油・塩・味噌・坦々麺など一通り揃えているお店ですが、
全てに力が入っていてどれも美味しいです。
おすすめは坦々麺54号

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13048265/

東京都千代田区平河町1丁目7−2 平河町ドリームマンション 1F

東京都千代田区平河町1丁目7−2 平河町ドリームマンション 1F

 

[欧風カレー] プティフ・ア・ラ・カンパーニュ

距離 徒歩5分ぐらい

予算 1300円〜1500円

欧風カレーのお店で予算高めですが、給料日後なら行く価値あります。
おすすめはビーフカレー

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13000254/

東京都千代田区一番町8−13 日興ロイヤルパレス一番町 1F

東京都千代田区一番町8−13 日興ロイヤルパレス一番町 1F

[イタリア料理] フィオーレ

距離 徒歩5分ぐらい

予算1000円〜

一見シャレオツなイタリア料理屋と思いきやドカ盛りパスタが出てきます。
特に満腹ランチプレートはパスタとソーセージだけという潔い組み合わせで漢の心を鷲掴み。
味も美味しいのでなかなかお勧めです。

東京都千代田区二番町3-11 メディックスビル B1F

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13006434/

東京都千代田区二番町3-11 メディックスビル B1F

[立食いそば] そばうさ

距離 徒歩5分ぐらい

予算650円〜900円ぐらい

立食い蕎麦屋なのにおしゃれな感じです。
味もただの立食いそばではなくてどちらかというとつけ麺に近い。
麺はコシがあってとても美味しいのでおすすめです。
特におすすめはスタミナ牛すじ冷そばかバジル冷そば

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13178573/

東京都千代田区麹町2丁目5−2金森共同ビル

東京都千代田区麹町2丁目5−2金森共同ビル

 

[中華] 味仙酒場

距離 徒歩1分ぐらい

予算 800円〜1000円ぐらい

某会場最寄りの中華屋です。
ランチはボリューム満点で、漢の胃袋は満たせるかと思います。
シェル芸勉強会二次会に利用される可能性大です。

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13163256/

東京都千代田区麹町3-4-3 シェルブルー麹町 B1F

東京都千代田区麹町3-4-3 シェルブルー麹町 B1F

 

[ラーメン] ソラノイロ・本店

距離 徒歩5分ぐらい

予算 700円〜1000円ぐらい

ミシュランガイドに載っているらしく行列ができています。
麺がパスタみたいな歯ごたえだった記憶があります。

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13126816/

東京都千代田区平河町1−3−10ブルービル本館1F

東京都千代田区平河町1−3−10ブルービル本館1B

 

[そば] 北前そば高田屋 麹町得水ビル店

距離 徒歩5分ぐらい

予算 700円〜1000円ぐらい

チェーン店のちょっと高めのお蕎麦屋さんです。
お冷やがそば茶で美味しいです。
味も立食い系チェーンよりそば粉の香りがします。

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13017225/

東京都千代田区麹町3丁目5 B1F

東京都千代田区麹町3丁目5

 

[牛丼] 松屋 紀尾井町店

距離 徒歩5分ぐらい

予算 300円〜600円ぐらい?

すき家がリニューアルオープンで閉店して麹町界隈で唯一の牛丼チェーン店

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13098783/

東京都千代田区麹町3丁目5−17

東京都千代田区麹町3丁目5−17

 

[コンビニ]ファミリーマート麹町3丁目店

距離 徒歩1分ぐらい

予算 不明

最寄りのコンビニです。
店長っぽい人がサーファー風です。

東京都千代田区麹町3丁目2−6 垣見麹町ビル 1F

東京都千代田区麹町3丁目2−6 垣見麹町ビル 1F

 

[スーパー] YOSHIYA

距離 徒歩5分ぐらい

予算 不明

お惣菜や乾物が売ってて電子レンジも置いてあるので安く済ませたい場合は良いかと。

東京都千代田区二番町11-10 麹町山王マンション 1階

東京都千代田区二番町11-10 麹町山王マンション 1階

mdraid(RAID1)のディスク交換をしてみたメモ

自宅サーバで使用しているHP MicroServerはオンボードのRAIDがFakeRAIDでLinux用のドライバもないし(多分)使う価値がないので、
mdraidを使っていたのですが今までディスク交換のオペレーションを行ったことがありませんでした。

そしてとある日 Seagate ST2000DX001(SSD Hybrid Drive)を購入したので酒を呑みながら自宅サーバのディスク交換をしていたら、
血中アルコールの影響で頭の中がこんがらがってしまって最終的にはレスキューディスクでシステムをぶっ壊してしまったので
戒め書としてこのPOSTを余生に残しておく。

以下の状態からブロックデバイスsdcを追加してsdbを切り離すオペレーションを実施しました。
効率の良い方法を知っている方ツッコミ歓迎です。教えてください。

ディスクの構成

/dev/sda (md0 raid1 active)
+- /dev/sda1 (Extended Volume)
+- /dev/sda2 (Linux RAID Volume)
+- /dev/sda5 (Linux SWAP Volume)

/dev/sdb (md0 raid1 active)
+- /dev/sdb1 (Extended Volume)
+- /dev/sdb2 (Linux RAID Volume)
+- /dev/sdb5 (Linux SWAP Volume)

/dev/sdc (md0 standby)
+- Blank

fdiskでsdcのパーテーションを切る

交換前のディスクと同じ感じにパーテーションを切る

# fdisk /dev/sdc

(snip)

The device presents a logical sector size that is smaller than
the physical sector size. Aligning to a physical sector (or optimal
I/O) size boundary is recommended, or performance may be impacted.

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdc: 2000.4 GB, 2000398934016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 243201, 合計 3907029168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
ディスク識別子: 0xcd6994eb

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdc1 3899213824 3907028991 3907584 5 拡張領域
/dev/sdc2 2048 3899213823 1949605888 fd Linux raid 自動検出
/dev/sdc5 3899215872 3907028991 3906560 82 Linux スワップ / Solaris

パーティションテーブル項目がディスクの順序と一致しません

 

md0(RAID1)のアレイにデバイスを追加する

# mdadm –manage /dev/md0 –add /dev/sdc2
mdadm: added /dev/sdc2

スタンバイ中のデバイスにデータをSync(rebuild)

# mdadm –manage /dev/md0 –raid-devices=3

Syncが終わったか確認

# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md0 : active raid1 sdc2[2] sdb2[1] sda2[0]
1949474624 blocks super 1.2 [3/3] [UUU]

unused devices: <none>

新しいDiskにgrubをインストール

# grub-install /dev/sdc
Installation finished. No error reported.

sdb2をfailにする

# mdadm –manage /dev/md0 –fail /dev/sdb2
mdadm: set /dev/sdb2 faulty in /dev/md0

# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md0 : active raid1 sdc2[2] sdb2[1](F) sda2[0]
1949474624 blocks super 1.2 [3/2] [U_U]

unused devices: <none>

sdb2をアレイから外す

# mdadm –manage /dev/md0 –remove /dev/sdb2
mdadm: hot removed /dev/sdb2 from /dev/md0

# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md0 : active raid1 sdc2[2] sda2[0]
1949474624 blocks super 1.2 [3/2] [U_U]

unused devices: <none>

SWAP領域を作る(fdiskでパーテション切られているのを前提)

# mkswap /dev/sdc5
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 3906556 KiB
ラベルはありません, UUID=46784dd2-6ca5-44f5-b18f-157ee2197182

fstabを確認

必要に応じて書き換えを行う

 # vi /etc/fstab

# /etc/fstab: static file system information.
#
# Use ‘blkid’ to print the universally unique identifier for a
# device; this may be used with UUID= as a more robust way to name devices
# that works even if disks are added and removed. See fstab(5).
#
# <file system> <mount point> <type> <options> <dump> <pass>
proc /proc proc nodev,noexec,nosuid 0 0
# / was on /dev/md0 during installation
UUID=d54325b4-7b02-45d5-93f7-a8a049a50830 / ext4 errors=remount-ro 0 1
# swap was on /dev/sda5 during installation
UUID=4a3e84f9-5f51-4856-8306-08391cdc23bf none swap sw 0 0
# swap was on /dev/sdb5 during installation
UUID=46784dd2-6ca5-44f5-b18f-157ee2197182 none swap sw 0 0 <===今回の場合はsdb5のUUIDをsdc5のものに書き換える

swapon する

# free -m ; swapon -a ; free -m
total used free shared buffers cached
Mem: 7860 5466 2393 0 572 3704
-/+ buffers/cache: 1189 6670
Swap: 7629 0 7629
total used free shared buffers cached
Mem: 7860 5473 2386 0 572 3704
-/+ buffers/cache: 1195 6664
Swap: 11444 0 11444

古いディスクを外す

Hotswapじゃないけど気合で外す。
(SATAのコネクタはホットスワップ前提で作られているから電気的には大丈夫なはず。)

 

以上でひと通りの作業が完了のはずです。

今回の教訓 酒を呑みながらのオペレーションはやめよう。