北海道ツーリング7日目 浦河~苫小牧編

北海道最終日 7日目。

steeltower42氏に挨拶をし、優駿浪漫街道インフォメーションサイトスペース in 浦河

(通称浦河情報ステーション)を9時に出発した。

ここから苫小牧はR235を130km程度、下道を2時間も走ってしまえばつく計算になる。

最終日にお巡りさんのお世話になるとすべて台無しになる気がしたので控えめの速度で運転をした。

※案の定2箇所ほどネズミ捕りをしていた。

控えめの運転にも飽きてきたころに高速道路無料の看板を見つけたので

厚真門別自動車道 日高富川ICから高速道路へ。

12時過ぎに苫小牧(沼ノ端東IC)についたので、ここで回転寿司によってみた。

食べログでなかなか高評価の旬楽というお店に行ったのだが、

2000円でおつりがきておなかがいっぱい、しかもネタがでかい。

とある人が東京の回転寿司は寿司じゃない(少々膨張気味な表現)といっていたが、

納得してしまうクヲリティーでした。

せっかちで食べるのが早い自分は30分程度で店を後にして、残りの時間の活用方法を考えた。

日が照って、汗もかいてきたので温泉に入りたいな。(寿司屋の隣も一応温泉だけど・・・)

そうだ、支笏湖へ行こう。

ちゃららーちゃららーちゃらーららー

30分かけて支笏湖へ。

ぐぐって支笏湖温泉「休暇村支笏湖」のお風呂をチョイス。

第3セクター臭がする施設でしたが、受付の方の対応もとても紳士でかなり好印象な感じでした。

お風呂は残念ながら、露天風呂でない上に、支笏湖が見れない。残念。

お風呂をあがった後は支笏湖周辺を散策。

支笏湖の透明度に圧倒される。

ツーリングマップるによると15mの深さまで見えるとのこと。

泳ぎたい。

支笏湖周辺でダラダラしていたら3時30分を過ぎてしまった。

急いで苫小牧市街地へ戻りジャスコで船内での食事、菓子、飲み物を買いあさる。

17時に乗船手続きを済ませた。(かなりぎりぎり)

後は快適な船の旅。。

本日の走行距離:203km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です