Ubuntu 12.04 Desktop でEMOBILE GL04PをUSB接続してみた

昨今、S●ftbankやKD●Iなどの携帯電話キャリアがWifiのアクセスポイントをバラまいて、
有線回線へのオフロードを謀っておりますが、その影響でWifiのチャンネルが埋まってしまい、
いざというときにPocketWifiが使えないといったことが多くなってきた気がします。

※そもそもモバイルルータを持ち歩く人が多くなったせいもあるか。

WindowsもMacも使っていない私はUSBのドライバが用意されていないと思い込みで
数か月間EMOBILE GL04Pを使って来ましたが、勉強会・セミナーで不便を強いられることが
多くなってきたので、仕事をサボ(ry 快適環境を追い求めてみました。

手順は以下の通り。

1.ドライバのダウンロード

これが一番探すのに苦労した。

HUAWEIのサイトからLinux用ドライバを入手

http://www.huaweidevice.com/worldwide/downloadCenter.do?method=toDownloadFile&flay=software&softid=NDcwMzU=

 

2.ドライバの展開

なぜかZIPを展開するとtar.gzが出てくるのでさらに展開

$ unzip HUAWEI\ Data\ Cards\ Linux\ Driver.zip

$ tar xf Linux\ Driver\ 4.19.19.00.tar.gz

 

3.ドライバのインストール

インストーラがついているので、実行するとmakeが始まる

$ cd driver/

$ sudo ./install

4.再起動

再起動してGL04Pを接続するとNetworkManagerで認識しているはずだ。

あまりに簡単すぎてあれだが、ドライバを探すのに時間を費やしたので記録に残しておく。

Ubuntu12.04 DesktopでSynergyを自動起動で使いたい(メモ)

Linux版Synergyの導入手順メモ(For Ubuntu12.04)

http://sourceforge.net/projects/synergy2/

1. synergyをインストール

# apt-get install synergy

2. configを作る(ml115:server op740:client)

# vi /etc/synergy.conf
section: screens
ml115:
op740:
end

section: links
ml115:
left = op740
op740:
right = ml115
end

3. lightdm起動時に一緒に起動させる

# vi /etc/lightdm/lightdm.conf

[SeatDefaults]
user-session=ubuntu
greeter-session=unity-greeter
#greeter-setup-script=/usr/bin/synergyc 192.168.2.80 ←クライアントとして使うとき(サーバのIP)
greeter-setup-script=/usr/bin/synergys -c /etc/synergy.conf  ←サーバとして使うとき

 

[email protected]でCUDAをつかってみる (Ubuntu 12.04) その1

最近、某所の余ったりソースで[email protected]に参加しています。(アカウントは昔から持っているのですが)

某チームのランキングも日に日にあがっていくので欲が出てきてもっと上位に食い込みたいなということで、
これまたあまったGPU(GeForce210という非力なビデオカード)でCUDAを使ってみました。
CUDAについては詳細を割愛します。

今回はとりあえずUbuntu12.04でのCUDA環境の構築手順をメモ程度に。
以下の作業はrootかつデスクトップサービスを落とすのでSSH(CLI)での作業を想定しています。

デスクトップサービスを落とす

# service lightdm stop

オープンソース版のビデオカードドライバをアンインストールして再起動

# apt-get purge nvidia*
# reboot

再起動したらnVidiaのUbuntu用のドライバをダウンロードする。
以下のサイトから自分のモデルにあったものを探す。

http://www.nvidia.com/object/unix.html

# wget http://us.download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86_64/310.19/NVIDIA-Linux-x86_64-310.19.run

落としてきたドライバに実行権を与えて実行、終わったら再起動

# chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64-310.19.run
# ./NVIDIA-Linux-x86_64-310.19.run
# reboot

 

CUDA5をインストール
下記サイトからインストーラをダウンロード
https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

# wget http://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/5_0/rel-update-1/installers/cuda_5.0.35_linux_64_ubuntu11.10-1.run

実行権を与えて実行する

# chmod +x cuda_5.0.35_linux_64_ubuntu11.10-1.run
# ./cuda_5.0.35_linux_64_ubuntu11.10-1.run

いろいろ聞かれるがToolkitとTemplateはいらないのでインストールしなくてもいいらしい。

Screenshot_from_2012-12-12 22:43:44

これでGPGPUが使えるはず。

効果についてはその2を書く予定です。

 

 

Ubuntu 12.04 LTS で zfs その1

自宅で使っているHP Proliant MicroServerが一台余ったので、(二台ある)
zfs使ってNASにすることにしました。

構成はこんな感じ。

  • Server : HP Proliant MicroServer (N36L)
  • OS : Ubuntu 12.04 LTS
  • System Disk (ext4) : CFD CSSD-SM64NJ2
  • Storage Disk (zfs)  : WesternDigital WD30EZRX *2

今回はrootからzfsにするnativeな構成ではなく、
OSを余り物のSSDに入れてハードディスクはストレージ用の
パーテーションとして別途分ける感じの構成にしてみた。

手順は至って簡単。ゆとり世代の私でも問題ない。

1. python-software-propertiesをインストール

[email protected]:~# apt-get install python-software-properties

2. リポジトリを追加

[email protected]:~# add-apt-repository ppa:zfs-native/stable

3. aptリストの更新

[email protected]:~# apt-get update

4. zfsのモジュールをインストール

apt-get install ubuntu-zfs

これで準備は完了。
以下のコマンドで応答があればインストールは終わっているはずだ。

[email protected]:~# zfs
[email protected]micro:~# zpool status

ほらね?僕達ゆとり世代にもやさしい。

続いて zpool にディスクを追加してみよう。

(その2へつづく)